salesforce 認定アドミニストーレーター試験】出題範囲や過去問からの学習がおすすめ

アドミニストーレーター

salesforce 認定アドミニストーレーターはsalesforce資格の基本となるものです。

まず初めにこの資格を取得する人が多いですし、初めに取得することをオススメします。

salesforceには他の資格もあるのですが、アドミニストレーターが土台となることが多く、この資格を持っていないと受けることが出来ない資格もあります。

ここでは、アドミニストレーターの試験についての概要と対策、学習方法を紹介していきます。

下記は私が実際に受験した時の流れや対策したことの体験記です。

アドミニストーレーターの出題範囲

設定とセットアップ: 20%

オブジェクトマネージャとLightning アプリケーションビルダー: 20%

セールス&マーケティングアプリケーション: 12%

サービス&サポートアプリケーション: 11%

生産性向上とコラボレーション: 7%

データ管理&分析: 14%

ワークフロー/プロセスの自動化: 16%

※2023年1月
出題範囲は時期によって変化します。下記参照サイトを確認してください。
参照サイト

設定とセットアップ: 20%

更新予定

オブジェクトマネージャとLightning アプリケーションビルダー: 20%

更新予定

セールス&マーケティングアプリケーション: 12%

更新予定

サービス&サポートアプリケーション: 11%

更新予定

生産性向上とコラボレーション: 7%

更新予定

データ管理&分析: 14%

更新予定

ワークフロー/プロセスの自動化: 16%

更新予定

アドミニストレーターの過去問

更新予定

アドミニストレーターのtrailhead

更新予定

コメント

タイトルとURLをコピーしました